f:id:arltra:20170822181339j:plain

最後の最後の名古屋タッチ、短い乗り継ぎ時間ではありますが、ラウンジに立ち寄ってみました。

そのレビューとなります。


 第一回目の名古屋タッチでは、まだノンステータスでした。

今回はラストスパートということで、最後のレグになります。

 

JL209でセントレアに着いたのち、一度保安エリアから出ました。

なぜかというと、今回はスカイメイトではなく特割で往復の航空券を、それも別切りで手配していました。

そのため羽田でBAに結び付けたのは、往路のもののみ。

復路の分は名古屋で再度結びつける必要がありました。

 

ガラガラのカウンターで手続きを終えたあと、まっすぐ保安検査場へ。

それを抜けると、右側にエントランスがあります。

 

f:id:arltra:20170822181339j:plain

 セントレアの場合、国内線のラウンジはJALとANAで共用になっているようです。

 

中に入ってみます。

f:id:arltra:20170822181343j:plain

f:id:arltra:20170822181347j:plain

中はこんな感じになっています。

 

大きな部屋が一室という感じです。

プライバシー感は全くありませんが、十分な座席の供給量がある印象を受けます。

飲み物は、普通通りという感じ。

ビールもしっかりありました。

 

個人的な感想としては、ここに長居はしたくないなという感じです。

綺麗なトイレを借り、ジュースか何かを一杯飲んだ後、そそくさを出ました。

 

ラウンジ、この写真の撮影時間は20:07になります。

この時間では以下の便が控えています。

 20:20   ANA449   福岡 
 20:40   JAL208   羽田 
  0:05   SKY959   那覇 

 

19~20時は、ANAが各地に飛ばしていますが、この時間になるとこれだけになってしまいます。

また、このラウンジはカードラウンジではないはずなので、スカイマーク利用者はいないはずです。

ほとんどがJL208に利用者なんじゃないですかね。


JL209が18:50に羽田を出発しますが、それまでに夕食を取ることができませんでした。

そそくさとラウンジを出てから、向かいにあるBLUE SKYでこれを買いました。

 

f:id:arltra:20170822181351j:plain

セントレアの国内線側のターミナルにはスペース的にも余裕があると思います。

ありがたいことに確実に座れますし、そこでこれを食べました。

美味しかったです。

 

JL209,208便の搭乗レポートは特に新しい発見もなかったですし、写真をほとんど撮っていないので残さない予定です。

ご理解お願いします。