カルシウムで骨元気!

f:id:takahasikinseiin:20160428124250p:plain

肩コリだから姿勢が悪い?

それとも、姿勢が悪いから肩がこる? 

 

f:id:takahasikinseiin:20160208103701j:plain

いわゆる鶏が先か? 卵が先か?みたいですが、肩こりに関しては、どちらも当てはまるのが結論でしょうね。

 

f:id:takahasikinseiin:20160428131744j:plain

なぜ姿勢が悪くなるの?

当然、そんな疑問が芽生えると思います。

均整法では、【くつろぎ姿勢】という考え方があります。

例えば脚を組む。

これは骨盤および腰が歪んでいるがため、その苦痛を緩めるために無意識に楽な姿勢=くつろぎ姿勢をとっているのです。

右膝が痛いと、左脚に体重=重心を逃がしびっこをひく。これと同じです。

とはいえ、それは一時的な緩和でしかないので歪みが歪みを生み、結果、歪んだ姿勢が固定化(慢性化)されるのです。

f:id:takahasikinseiin:20160208114953p:plain

骨格は、建物でいう柱。

柱が歪めば、壁が歪みます。壁は筋肉に当てはまると思います。

どちらも大切ですが、いくら壁を直しても、柱が曲がったままでは元も子もありませんよね。

そこで今回は【骨せんべい】。カルシウムで骨を強化しようということです。

もちろん、カルシウムが直接的に骨格の歪み・姿勢を直すということではありません。

 

f:id:takahasikinseiin:20160208122508j:plain

例えば、【お酢を飲むと体が柔らかくなる】という迷信は賛否両論ありますが、それはお酢の直接的な効能に対するもので、お酢のクエン酸効果で血流が改善すれば筋肉の状態もよくなり、ストレッチなどの効果がより発揮しやすくなる=柔軟性がでてくる好循環にはいる。

なので、カルシウムを食べて骨を元気にすることで骨格もポジティブ・スパイラルに入ると思われます。

 

f:id:takahasikinseiin:20160428135113j:plain

 

【鯵の骨せんべいのレシピ】

①鯵の骨に酒をまぶし、5分以上置いておく。

(冷蔵庫に1~2時間、一晩でも置いておくとGOOD)

②しっかり水気をふき取り、軽く小麦粉または片栗粉を振る。

(画像は粉無し。そのままでもOKです)

③揚げる。鯵の場合は、低温から中温で5~6分。じっくり揚げる。

④塩を振って完成。

*味付けはお好みで色々楽しめます。ガーリックパウダーや乾燥バジル・カレー粉など、新しい味を見つけてください。

 

健康の基本は『姿勢』です。 高橋均整院☎049-285-8250埼玉県鶴ヶ島市上広谷78-9