見事な戦没者の数のサイトがある>http://www.max.hi-ho.ne.jp/nvcc/TR7.HTM

 

しかし一般人は統計に付されてない。

 

しかも広島、長崎を計算してない。

 

俺は2000万は総計で死んだとみる。

 

第三次対戦になれば、中国から攻撃され核弾頭での死者は1500万として、中国へ

 

アメリカの核弾頭で2億は中国人も死ぬ。

 

核汚染でその後日本で500万、中国で3000万は死ぬだろう。

 

資本家と政治家は喜ぶんだろうな。己ら安全だもんな。

 

 

 

この問題は戦争に突入になる危険をはらんでるのに、皆さんのんきなものだ。

 

300万を超える戦闘死傷者、一般人は計算されてないが1000万は死んだだろ

 

太平洋戦争。

 

しかしあの戦争といまでは大きく違う、いまは中国も核弾頭まで所有する世界一の

 

軍事大国だ。そこへ挑むにはそれなりの頭脳が必要、のんびり構えてる場合だろ

 

うか?

 

 

 

これはニュースから転載してます。大変申し訳ないがニュース元にはお許しを

 

願いたい。

 

==============================

中国外交文書に「尖閣諸島」=日本名明記、「琉球の一部」と認識-初めて発見

 


中国外務省の外交文書「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」の原文コピー。写真右は表紙、同左は75ページにある「尖閣諸島」の文字

  【北京時事】沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記した上で、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたことが27日分かった。時事通信が文書原文のコピーを入手した。中国共産党・政府が当時、尖閣諸島を中国の領土と主張せず、「琉球の一部」と認識していたことを示す中国政府の文書が発見されたのは初めて。
 尖閣諸島を「台湾の一部」と一貫して主張してきたとする中国政府の立場と矛盾することになる。日本政府の尖閣国有化で緊張が高まる日中間の対立に一石を投じるのは確実だ。
 この外交文書は「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」(領土草案、計10ページ)。中華人民共和国成立の翌年に当たる50年5月15日に作成され、北京の中国外務省档案館(外交史料館)に収蔵されている。
 領土草案の「琉球の返還問題」の項目には、戦前から日本側の文書で尖閣諸島とほぼ同義に使われてきた「尖頭諸嶼」という日本名が登場。「琉球は北中南の三つに分かれ、中部は沖縄諸島、南部は宮古諸島と八重山諸島(尖頭諸嶼)」と説明し、尖閣諸島を琉球の一部として論じている。中国が尖閣諸島を呼ぶ際に古くから用いてきたとする「釣魚島」の名称は一切使われていなかった。
 続いて「琉球の境界画定問題」の項目で「尖閣諸島」という言葉を明記し、「尖閣諸島を台湾に組み込むべきかどうか検討の必要がある」と記している。これは中国政府が、尖閣は「台湾の一部」という主張をまだ展開せず、少なくとも50年の段階で琉球の一部と考えていた証拠と言える。
 東京大学大学院の松田康博教授(東アジア国際政治)は「当時の中華人民共和国政府が『尖閣諸島は琉球の一部である』と当然のように認識していたことを証明している。『釣魚島』が台湾の一部であるという中華人民共和国の長年の主張の論理は完全に崩れた」と解説している。
 中国政府は当時、第2次世界大戦後の対日講和条約に関する国際会議参加を検討しており、中国外務省は50年5月、対日問題での立場・主張を議論する内部討論会を開催した。領土草案はそのたたき台として提示されたとみられる。
 中国政府が初めて尖閣諸島の領有権を公式に主張したのは71年12月。それ以降、中国政府は尖閣諸島が「古来より台湾の付属島しょ」であり、日本の敗戦を受けて中国に返還すべき領土に含まれるとの主張を繰り返している。
 領土草案の文書は現在非公開扱い。中国側の主張と矛盾しているためとの見方が強い。 (2012/12/27-14:37)

===================================

 

写真を転載します、これを世界へ世界の言語で広める運動がやがて中国の横暴を

世界が認め中国の封じ込めをするきっかけにしよう!

 

  尖閣の日本領土と言う地図証拠になってる尖閣を中国が認めた国内文書