Illustratorの自由変形ツールで、台形にする方法。【CS4】

あまり使わないから、いざというときに忘れてしまうので使い方のメモです。

 

まず、変形したい画像を用意。

今回は、瓦で屋根を作りたかったのです。

正面から見た感じで、長方形だと少し変な気がするので奥行きを出したいです。

f:id:fuwafuwapukapuka:20161210223953p:plain

まず、変形したい画像を「選択ツール」で選択します。

f:id:fuwafuwapukapuka:20161210224102p:plain

次に、自由変形ツールに切り替えて、

大きさを変えたい辺の角をクリックし続けます

(角=合わせると矢印が変わる白い四角の部分です)

この時点で動かすと、ただ大きさが変わるだけです。

 

そして、角をクリックしたまま「Ctrl+Alt+Shift」を押してドラッグします。

 

下が変形後です。複雑な形だと歪んでしまいました。

特に丸とかはあんまりですね。

後はグラデーションの角度とか。残念。

f:id:fuwafuwapukapuka:20161210225848p:plain

なのでちょっと修正。上手な人ならもっときれいにできるんだろうな。

f:id:fuwafuwapukapuka:20161210230642p:plain

下の円がきれいだと少し綺麗に見えました。

 

自由変形ツールをいじってみて、

・角をクリック後「Ctrl」を押しながら動かす

 →クリックしている場所だけ動く

・角をクリック後「Ctrl+Alt」を押しながら動かす

 →クリックしている角と対象の角が一緒に動く(両隣の角は固定)

 

・辺をクリック後「Ctrl」を押しながら動かす

 →対象にある辺は固定され、クリックしている辺が動く

・辺をクリック後「Ctrl+Alt」を押しながら動かす

 →クリックしている辺と対象の辺が一緒に動く(両隣の辺の中心は固定)

 

ようです。他にもあるのかな?

 

今回の瓦のパーツを使ったイラスト(AI・png・jpg)イラストダウンロードサイト【イラストAC】からダウンロードできます。

AI:初期は非表示です。タイトルの1つ目のアンダーバーより右側の名前のレイヤーに入っています。

・瓦屋根_屋根

・瓦屋根_門

・瓦屋根_看板_暗

・瓦屋根_看板_明

↓ちょっと違いますが

・なまこ壁_屋根あり

 

 

世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書 CC/CS6/CS5対応 (世界一わかりやすい教科書)

世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書 CC/CS6/CS5対応 (世界一わかりやすい教科書)

  • 作者: ピクセルハウス
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/03/24
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る